市町村情報

情熱、蔵出し。半田市。

半田市は、ミツカンの酢に代表される“醸造”をルーツに発展し、現在は、知多半島の中心都市として、名古屋に行かなくても“何もかもがそろう”まちです。
生活に不可欠な働く場が多く、外食や買い物にも困りません。また、保育料の2子目以降を無料化等しているほか、保育園・幼稚園から小中高大に至る全ての教育機関があり、教育・子育て環境も抜群です。
市民の定住志向も強く、子どもにとって嬉しい、ママにとって優しいまちです。

交通アクセス

鉄道はJR武豊線と私鉄(名鉄)が通っており、合せて9つの停車駅があります。半田市や民間事業者によりバス路線も維持されており、市全域にわたり自家用車以外の交通手段が確保されています。また、有料道路や半田市と常滑市を結ぶ横断道路があるなど、名古屋や中部国際空港からのアクセスも良好です。

半田市の魅力

親子で楽しめる!「半田赤レンガマルシェ」

毎月第4日曜日に半田赤レンガ建物で開催。 地元作家によるクラフトや飲食店など約50店舗が集合。

遊具がいっぱい!「半田運動公園」

子どもたちの楽しめる大型遊具や大人ものんびりくつろげる芝生ひろばなど、 幅広い世代が楽しめる総合運動公園。

半田のランドマーク!「クラシティ」

1~2階はグルメ、金融機関がそろう。 3階には子育て支援センター「はんだっこ」があり、子育てママには頼りになる駅直結型の施設。

前のスライド
次のスライド

定住支援策

空き家情報
住宅取得支援
リフォーム支援
家賃補助
医療費助成 小学生:入通院とも全額助成
中学生:入院は全額助成、通院は3分の2の額を助成
出産支援 不妊治療費助成金(年間上限50,000円)
子育て支援 ○親の就労の有無に関わらず入園できる認定こども園や学童保育施設(概ね18時30分まで利用可)が豊富。共働きでも安心な病児保育施設も設置。
○同時入所の2子目以降の保育料を無料化。第3子(3歳未満児)以降の保育料も無料または半額。
○はんだっこメール(メールマガジン)やはんだっこネット(http://handakko.net/)、子育て応援ハンドブックによる子育て情報の発信。
○チャイルドシート(無料)、ジュニアシート(無料)及び幼児2人同乗用自転車(有料)の貸出事業の実施。
就学支援
起業支援 ○商業施設助成事業
商業施設を新設する際の改装費を50%補助(上限あり)
○半田市起業・会社設立支援補助金
会社設立に要した費用の50%を補助。(上限20万円)
就農支援
就漁支援

連絡先