あいちUIJターン支援センター

プライバシーポリシー

1 個人情報とは

「個人情報」とは、利用者個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、電話番号、メールアドレス、その他の記述等により当該利用者を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)ものと定義します。



2 利用目的

個人情報の利用目的は以下の通りです。以下の利用目的以外で利用することはありません。

  • 利用者の個人認証および利用者向け本センター業務の提供
  • 当センター利用に伴う連絡・メールマガジン・各種セミナー/イベント等お知らせの配信・送付
  • 当センターに関するご意見、お問い合わせ内容等への確認・回答


3 利用目的の特定

個人情報を取り扱うにあたって、その利用の目的を出来る限り特定します。



4 利用の制限

あらかじめご本人の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはありません。その他の理由により個人情報を取得した場合にも、あらかじめご本人の同意を得ないで、利用目的の範囲を超えて取扱うことはありません。ただし、次の場合はこの限りではありません。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(3)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(4)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。



5 適正な取得

当センターは、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得することはしません。



6 利用目的の通知

個人情報を取得するにあたり、あらかじめその利用目的を公表します。ただし、次の場合はこの限りではありません。
(1)利用目的を本人に通知し、又は公表することにより本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
(2)利用目的を本人に通知し、又は公表することにより当センターの権利又は正当な利益を害するおそれがある場合
(3)国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的を本人に通知し、又は公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
(4)取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合



7 利用目的の変更

利用目的を変更した場合は、変更された利用目的について、ご本人に通知し、又は公表します。



8 第三者提供の制限

次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(3)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(4)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
(5)予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合

  • 利用目的に第三者への提供を含むこと
  • 第三者に提供されるデータの項目
  • 第三者への提供の手段または方法
  • ご本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
  • ただし次に掲げる場合は上記に定める第三者には該当しません。
  • 当センターが利用目的の達成に必要な範囲内において個人データの取扱いを委託する場合


9 開示

ご本人から、個人情報の開示を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なく開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。
(1)当センター業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
(2)他の法令に違反することとなる場合



10 本プライバシーポリシーの変更

当社は、法令等の変更に伴い、本プライバシーポリシーを変更することがあります。


以上
2017年5月1日 制定